フォローさせていただいているお客さま
2549人(2019年9月現在)

中日新聞(東京新聞)からの取材を受けました。
将来の年金額や退職金の見通しが立たないのが、漠然とした不安の要因。老後にどれだけ蓄えが必要か、ある程度でも試算できれば、不安は和らぐ。
アドバイスするのが、老後の生活に必要な支出と収入の見込み額を比べてみることだ。支出は、現在の支出から、老後は必要なくなる分を差し引いて考える。子育て中の世帯なら、子供の教育費はかからなくなし、住宅ローンを完済すれうばその支出もなくなる。食費なども子供が巣立てば、幾分抑えられそうだ。一方、収入は年金と退職金の合計額というのが一般的。年金額は、ねんきん定期便を参考に、現在までの納付額を基にした見込額を用いる。退職金も職場で最近退職した人の額を参考に、やや少なめに見積もっておこう。支出と収入を比べて、不足が出るようだったら、その不足分を薄く長く積み立てるというのが、考え方の基本だ。
中日新聞ホームページ掲載許可 20190320-22566


約半世紀前の僕の動画です。

<注>
(当然ですが)ソニー生命の公式サイトではありません ( * ^ _ ^ * ) 閲覧対象者は日本国内に限ります
サポートできる対象地域は日本国内に限ります
ソニー生命保険株式会社の勧誘方針プライバシーポリシーを遵守します。
海外在住のご契約者も含みます。
当ウェブサイトは、ソニー生命保険ホームページへのリンク以外に、いくつかの外部サイトへリンクされている場合があります。
リンク先ホームページの内容について、当方は責任を負うものではありません。

<注>このホームページは2019年9月1日時点のものになります。
半年に1回程度更新しています。

ソニー生命保険株式会社
名古屋ライフプランナーセンター第9支社
〒461-0005 名古屋市東区東桜1-1-10
アーバンネット名古屋ビル17F
T E L 0 5 2 - 9 5 5 - 7 7 7 9
SL19-3620-0220

トップ・オブ・ザ
エグゼクティブ ライフプランナー
佐々木元司 ささきもとし

ソニー生命保険(株)の勧誘方針を遵守します。